【確定申告】電子申告はID・パスワードで簡単に

これまで、個人の方が確定申告を電子申告で行おうとする場合には、マイナンバーカードICカードリーダライタが必要でした。

ところが、2018年分の確定申告(2019年3月15日期限)以降は、IDとパスワードのみで電子申告が可能になります。

マイナンバーカードとICカードリーダライタが不要になりますので、電子申告をする際の障壁が少し低くなったといえるでしょう。

 

税務署で事前にIDとパスワードを取得

税務署に行ってPC入力等を行い、IDとパスワードを取得する必要があります。

納税地の所轄税務署ではなくても、全国どの税務署でも取得可能です。

その際には本人確認書類が必要になりますので、事前に税務署へ確認するとよいかもしれません。

 

「確定申告書等作成コーナー」での申告に限定

ID・パスワード方式で電子申告ができるのは、国税庁Webサイトの「確定申告書等作成コーナー」で申告書を作成し、送信する場合に限られるようです。

確定申告書等作成コーナー(国税庁・2017年版):http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei.htm

 

市販のパッケージソフトなどによって電子申告を行う場合には対応しないとのことなので、注意が必要です。

 

将来の見直し

このID・パスワード方式は、マイナンバーカード普及までの間の暫定的な措置という位置づけです。

そのため、この制度が導入されてから3年後には、何らかの見直しが見込まれているとのことです。

 

スマホ申告

2019年からは、「スマホ申告」も導入されます。

この「スマホ申告」は、年末調整済みの給与所得者が対象です。

医療費控除やふるさと納税などの申告を行う方向けで、専用画面+ID・パスワード方式で申告が完了する仕組みとのことです。

 

確定申告はお早めに

確定申告は毎年一定の時期に集中しますので、申告期限近くになると、相談会場や提出会場はたいへん混雑します。

電子申告を上手に活用するなどして、混雑を避け早めに申告をしてみてはいかがでしょうか。

 

Follow me!