【FC東京】ようやくチームらしくなってきた FC東京 3-2 G大阪

リーグ戦前節では、球際に厳しいフットボールで湘南に勝利。

そしてこの試合では、長谷川監督の古巣であるガンバ大阪との対戦。

 

ガンバ大阪も波に乗り切れていない様子ですが、ここでは「いい人東京」の発動は避け、きっちり連勝することが必要でした。

 

まず、長谷川監督はメンバーを動かしてきました。

トップはディエゴ選手は不動として、ペアを永井選手に。

そして、左SBには小川選手を引き続き起用。

これが当たります。

 

先制点は、早い時間帯に見せた永井選手の裏への突破→シュートのこぼれ球を、東選手が見事に決めたもの。

2点目は、小川選手の左足から森重選手にピタリ合わせて、森重選手の久しぶりのゴールをお膳立て。

 

・・・こんな展開、久しぶりすぎてビールが進みます(笑)

 

前半は全体的に東京のペースでゲームを進めていましたが、前半終了間際にPKを与え、これを決められてしまいます。

少し嫌なムードになりましたね。終了間際の失点はいただけない。

 

後半もガンバはピッチをワイドに使います。

東京は寄せが甘くなり、左右に散らされることが多くなりました。

そんな中、ガンバに同点ゴールを決められてしまいます。

 

「やはり、いい人東京なのか・・・」

 

一瞬そんな弱気な気持ちがよぎりましたが、長谷川監督は「打ち合う」姿勢でいたようですね。

そして、小川選手の左足から、ディエゴ選手の決勝点が決まります。

いや~、ディエゴ選手はもう東京に家を買ってしまえばいいのに(笑)

 

その後は、富樫選手がゴールライン上でガンバのシュートをクリアするなど、かつてのFW戸田選手を思い出させる好プレーを披露。

次はゴールも決めてね(この試合でも、クロスに飛び込む惜しい場面はありました)。

 

ところで、富樫選手といえば、税務の仕事をしている自分としては、ちょっと気になる名前です。

富樫敬真、というフルネームなのですが、お名前は「けいまん」。

英語表記は「Cayman」。そう、ケイマン諸島のCaymanです(笑)。

 

それはさておき、見事に連勝!

もう少し楽に勝ちたいとも思うのですが、そんな贅沢は言っていられませんね。

それにしても、戦う姿勢が見える、良いチームになってきました。

 

 

 

次はルヴァン杯とアウェイ長崎、その後も連戦が続きます。

ここはチームの総力を結集して、乗り切ってもらいたいですね。

 

Follow me!