【FC東京】東京1-0湘南 ウノゼロ東京に見えたもの

いや~、久しぶりにリーグ戦で勝ちましたね。

湘南相手にウノゼロ勝利。

とはいえ、相手に許した決定的な場面は、梅崎選手の直接FKぐらいでしょうか。

守備に関しては、概ねパーフェクトといってよいのではないでしょうか。

 

さて、この試合では、両SBを入れ替えてきました。

右に岡崎慎選手、左に小川諒也選手。

そして、中盤も米本選手に代えて橋本選手にスイッチ。

前線は、前田遼一選手に代えて、富樫選手。ディエゴ・オリヴェイラ選手との2トップです。

 

この布陣ですが、両SBは良かったですね。

岡崎選手、序盤こそかなりガチガチに緊張しているようなプレーぶりでしたが、徐々に本領を発揮。

確かな読みで、ボール奪取に貢献していました。右からのクロスは、これからの課題でしょうかね。

小川選手は、攻撃にも絡みつつ、そつなくプレーしていた印象ですね。惜しいCKも何度かありました。

 

攻撃に関しては、ディエゴ大作戦といったものでしたね。

ディエゴ選手の圧倒的なキープ力、フィジカルを見せつけた試合でした。

決勝点も、そのディエゴ選手の見事なミドルシュート。これはゴラッソでした。

私はナビスコでの久保建英選手のゴールを生で見れなかったので、今日のディエゴ選手のゴールには、久しぶりにスカッとしました。

 

さて、長谷川監督のサッカーですが、まずは運動量を上げ、素早い寄せで守備の意識を高めるという点が見えました。

今日の試合では、守備のチェックが早く、湘南に攻撃の組み立てを許さないという、見事な守備戦術だったといえるのではないでしょうか。

昨年終盤の迷いがある守備から比べると、格段に進歩したというか、通常に戻ったといえるのかもしれません。

攻撃に関しては、まだまだディエゴ選手頼みであることが否めませんね。

富樫選手も、1ゴール決めていれば、少し力が抜けて良い流れになったかもしれないと思うのですが・・・

今日は波に乗り切れない様子でした。

 

さて、次節はガンバ大阪戦。

少し時間が空きますが、ここは連勝しておきたいところです。

今日はお客さんの入りが少し寂しかったので、ぜひみんなでスタジアムへ行って選手をサポートしましょう!

 

 

Follow me!