光った高萩の存在感 FC東京 1-0 広島

J1リーグ第9節、サンフレッチェ広島戦は、1-0で勝利しました!

 

これで、2試合連続のクリーンシート。そして4位に浮上ですね。

正直いって、これまでの試合の内容がもどかしかったということもあって、今の順位は望外だなあと感じています。

 

さて、この試合では、個人的にはMF高萩の存在感が大きかったと感じています。

中盤のポジショニングと、前線への効果的なパス供給が効果的でした。

そして、精神面でもチームに落ち着きを与えてくれる存在ですね。

 

また、GK林のセーブにも救われましたね。

彼がいなければ、東京は下位に留まっていても不思議ではなかったかもしれません。

今年の東京は、本当によい補強をしました。

 

それから、個人的には、右SBの徳永の安定感が素晴らしかったと感じています。

室屋の能力も素晴らしいのですが、この試合の徳永は出色の出来栄えであったのではないでしょうか。

 

この試合を決めたのはCB丸山のゴールでした。

  

 

このゴールシーン、決めた丸山はもちろん素晴らしかったのですが、

キッカー太田のクオリティ高いボールと、丸山の前でのFW前田の潰れがありましたね。

そして、丸山はJ1初ゴールとのことで、本人にとって思い出深い試合になったことでしょうね!

 

さて、次は5月3日のルヴァンカップ・グループリーグ、札幌戦です。

久保選手の出場が噂されていますし、ゴールデンウィークということもあり、

たくさんのお客さんが味の素スタジアムに来場するといいですね。

 

 

Follow me!