【平成29年度税制改正】配偶者に関する控除、拡充へ

現行の制度でも「配偶者控除」(いわゆる103万円の壁)は有名ですが、「配偶者特別控除」があることは意外と知られていない気がします。
 
 
平成29年度税制改正では、この配偶者控除+配偶者特別控除の制度について、セットで拡充をする方向で議論が進んでいるようですね。
 
配偶者の年収103万円から150万円までは控除額を38万円とするものの、この部分は「配偶者特別控除」によって手当するとのことで、その場合には配偶者特別控除特有の要件(控除適用者の所得要件など)充足が求められそうなので、注意が必要かもしれません。
 
なお、大企業などでは、配偶者控除の対象になる配偶者がある場合に「配偶者手当」などを支給する場合がありますので、これもひとつの「壁」になっているとされます。
 
 
 <配偶者控除>201万円まで減税…段階的に縮小


Follow me!