「ストーリーとしての競争戦略」楠木建 先生のお話を聴いてきました

平成28年9月28日(水)19時から、東京駅近くの「カンファレンススクエア・エムプラス」で、

楠木建 先生の講演 ”理論と論理 ~経営学と実務との関係を考える~” がありました。

p_20160928_184224

 

楠木建 先生は、一橋大学大学院国際企業戦略研究科の教授で、

2010年に刊行された「ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件」が20万部を超える売上を叩きだした、とても有名な方です。

 

大人気の先生だけあって、会場は満員となりました。

話術も巧みで、先生が考える経営「学」と経営「論」の対比を中心軸に据えつつ、企業経営の現場における戦略立案の要諦を面白おかしくご紹介いただきました。

 

このイベントは、特定非営利活動法人組織学会の定例会として行われています。

参加者の年代は幅広かったですが、社会人大学院生や、企業でバリバリお仕事をされている30代~40代の方が比較的多かった気がします。

 

とても有意義かつ楽しい講演会でした!

 

Follow me!