読書記録:「ミライの授業」

p_20161010_090021

「ミライの授業」を読み終わりました。
歴史上の19名+αの人物を紹介しながら、未来に向けたメッセージを発信する内容です。
著者は有名な瀧本哲史さん。
 
 
この本は、いま14歳である人たちに向けて書かれたものです。
ですが、その実は
『すべての「かつて14歳だった大人たち」にこの本を贈りたい。たとえ何歳であろうと、未来をあきらめることは許されないし、わたし自身が未来を信じているからだ。』
といったものです(『』は本書内より引用)。
 
 
”古いパラダイムに支配されている、または支配されがちな大人こそ、すべての世代にとっての未来のために、この本を読んでほしい”
-そんな想いなのかもしれませんね。
 

Follow me!