見せ場もなく自滅からの完敗 FC東京 0-3 全北現代モータース

今日はしんどい試合でしたね。精神的に・・・

image1

 

ACLグループリーグを首位で迎えた全北現代戦。

まさか、これほどまでに見せ場が無い試合になろうとは・・・

 

特に2失点目は痛かったですね。

阿部選手の不用意な横パスをさらわれて、カウンターからの失点。

あれは本当にいらなかった。あの失点で試合が決まってしまいました。

 

攻撃に関しては、全体的にチームの意図が感じられませんでした。

東は相手ディフェンスの裏に出ようとしていましたが、周囲と嚙みあわず。

前田が落とすボールは誰も拾えず、相手ボールを奪ってからのショートカウンターも遅い。

後半に平山を投入してからも、平山投入後のプランが不明確で、

選手は常に彷徨ってました・・・

何よりも、勝利をつかむための覇気が感じられませんでした。

この点は、ゲームキャプテンだった米本選手にも、もう少し頑張ってもらいたかった。

 

ここからの立て直しは、時間がかかりそうです。

川崎戦も痛恨の敗戦でしたが、それより悪い状況を目の当たりにするとは・・・

 

こんな日ですが、ACL仕様のレプリカが届きました・・・

image2

 

 

Follow me!