要件が厳しい?東京都の創業補助金(創業助成事業)

国による創業補助金の締切(平成27年5月8日)が近づいてきました。

申請を予定されている方は、そろそろ準備も大詰めといったところでしょうか。

 

 

ところで、創業に係る助成は国だけではないことをご存じでしょうか。

例えば、東京都でも「創業助成事業」として創業期にある企業の経費助成を行う事業があります。

東京都中小企業振興公社「平成27年度 創業助成事業の概要について」

 

 

東京都の事業では、助成限度額は300万円(助成対象経費の3分の2以内)とされていますので、

国の創業補助金(限度額200万円)よりも大きい金額とされています。

 

 

また、対象者も「都内の創業予定者又は創業(法人登記)して5年未満の中小企業者等」とされていますので、

既に創業されていても、アーリーステージにある事業者であれば対象になるようです。

 

 

ただし、「一定の要件を満たす者」とされている部分が曲者で、

東京都制度融資(創業)利用企業や、都内の公的創業支援施設入居企業であること等が求められるようです。

利用を検討される方は、この部分をよく確認するようにしましょう。

 

 

 

なお、この事業については説明会が開催されます。

興味のある方は、説明会への参加をおすすめします。

東京都中小企業振興公社「平成27年度 創業助成事業説明会の開催について」

 

 

■説明会開催日程(平成27年4月29日現在の情報です)

 第1回 5月12日(火)10:00~12:00 ・・・満員のため締切

 第2回 5月14日(木)19:00~21:00 ・・・満員のため締切

 第3回 5月15日(金)14:00~16:00 東京都中小企業振興公社 多摩支社(昭島市) 2階大会議室

 第4回 5月16日(土)14:00~16:00 東京都中小企業振興公社 中小企業会館(中央区) 9階講堂

 

説明会への申込みは5月11日(月)17時まで、定員になり次第締め切りとのことです。

詳しくは、東京都中小企業振興公社のWEBサイトをご覧ください。

 

 

Follow me!