補佐人講座(筑波大学大学院)前期日程終了

今年の4月から、茗荷谷にある筑波大学社会人大学院に通っています。

といっても正規の大学院生ではなくて、東京税理士会による研修の一環として、科目履修をしているものです。

 

 

筑波大学2

 

 

この研修、税務訴訟補佐人に関するものです。

 

 

そして税務訴訟補佐人とは何かというと、東京税理士会サイトによれば

 「税理士は、税務訴訟において納税者の正当な権利、利益の救済を援助するため、

  補佐人として、弁護士である訴訟代理人とともに裁判所に出頭し、陳述(出廷陳述)します。」

と説明されています。

 

 

従来からも、税理士は税務訴訟に関する補佐人として、法定で出廷陳述することは可能でした。

ただし、それには裁判所の許可が必要で、その許可申請はほとんどの場合却下されているようです。

その理由は、代理人たる弁護士が税理士資格を有していること、

また税理士自身は専門分野が税法に限られることから、訴訟追行に必要な法的知識に欠けるというものでした。

 

 

しかしながら、弁護士は必ずしも税法に精通しているとは限らないことから、

税理士が補佐人となることを一律に却下されることは納税者にとって不利益であると考えられます。

そこで、補佐人の研修(補佐人講座)を受けた税理士であれば、裁判所の許可を得ることなく、

当然に補佐人として出廷陳述ができるように制度が整えられたというわけです。

 

 

で、ここからは個人の感想ですが、

補佐人講座の研修を修了しても、

実際に補佐人として出廷陳述する機会はほとんど無いだろうなあ、と思っています。

 

みんな同じようなことを考えているのか、

また講座の内容が実務とは直接関係ないせいか(筑波大学では民事訴訟法や租税争訟法を学びます)、

この補佐人講座は発足当時(2002年)は人気があったものの、その後受講者数が漸減し、

現在ではかなり減少してしまったとも聞きます。

 

私自身は租税手続に関する法を学びたいという単なる好奇心ですので、

実務として法廷陳述ができるか否かは重要ではありません。

 

従って、講義はきついですけれど楽しめています。

本当は正式に大学院に入りたいところですが、

私は独立開業したばかりであり、仕事との兼ね合いもあり難しいところです。

 

 

さて、この補佐人講座も前期日程が終了しました。

前期では、民事訴訟法、租税争訟法を学びました。模擬裁判もあり、なかなか楽しかったです。

 

後期は秋からですが、その前にレポート課題をこなさなければいけません。

夏休みの宿題はギリギリまで手をつけなかったタイプなのですが、

この課題は早目に着手しないといけませんね(自戒)。

 

 

 

 

Follow me!