税理士会補佐人講座 修了者の懇談会・新規受講生のガイダンスがありました

今日は、千駄ヶ谷の東京税理士会にて

「租税訴訟の補佐人講座」の平成27年度修了者懇談会と

平成28年度新規受講生へ向けたガイダンスが開催されました。

 

image2

 

日常的な税理士の実務としては、税務訴訟は縁遠いものなのですが

知的好奇心を満たすというスタンスで、私自身は参加していました。

 

私が通っていたのは筑波大学大学院ですが、

その他に早稲田大学大学院と、慶應義塾大学大学院でも開講されています。

また、青山大学大学院では、会計専門職の講座が同時期に開催されています。

 

仕事をしながら毎週の研修に参加し、課題もこなすということは

正直にいうと体力的には非常にしんどいものでした。

ですが、我々税理士は職業的専門家として常に研鑽を積むことが必要ですし、

またいつもとは違うアタマを使うことも、新鮮で楽しいものでした。

 

修了者のなかには、そのまま大学院の博士前期課程へ進学した方もいます。

やはり、実際にキャンパスに足を運ぶといろいろと刺激されますね。

私自身は、現状では大学院へ進学することは時間的制約があり難しいのですが、

今後はそれも見据えて、まずは科目履修等で知識の向上に努めていきたいと考えています。

 

 

 

Follow me!