税理士と「中小企業の経営サポート」

 

東京税理士会の広告に、

「税理士は中小企業の経営もサポートします」

とありました。

 

顧問税理士は、中小企業と最も近い距離にある外部専門家といえるでしょうから、

税理士が経営サポートの役割を担えるのであれば、それがベストだと思います。

 

ただ、すべての税理士がその役割を担えるかというと、私自身は懐疑的です。

そもそも、税理士試験の試験科目には経営に関するものはありませんし、税理士は税務の専門家です。

さらには、税理士個人の強み弱みもあります。

 

 

経営に関するサポートができるか否かは、

結局はその税理士個人のバックグラウンドや経験によるところが大きいのではないでしょうか。

とすると、すべての税理士が経営のサポートをすることができるわけではない、といえそうです。

 

 

一方で、顧問先企業は税理士に多くの役割を求めるでしょう。

それは、税理士が中小企業に最も近い外部専門家であることからすれば、至極当然といえます。

税理士としては、それに応えることはもちろん大事です。

しかしながら、税理士自身が自らの限界を知ることも必要ではないかとも思えます。

また、自分自身が顧客のニーズに応えられないからといって、そのニーズをそのまま放置することは論外ですよね。

 

何もかも自分自身がやらずとも、それぞれ強みをもつ他のプロフェッショナルの力を借りることができれば、

それは顧客の課題解決に向けたひとつの有効な取り組みではないでしょうか。

 

そして、自分自身も含めて、税理士は研鑽を続けなければいけないし、

また顧客価値とは何かを考え、謙虚になるべき場面もあるのではないか。

 

そんなことを、ふと思った次第です。

 

 

Follow me!