相続税申告書へのマイナンバー記載は、平成28年1月1日以後の相続・遺贈による財産取得分から

マイナンバー制度が開始されて半年以上が経過しました。

マイナンバーブーム(?)も落ち着いてきた頃でしょうか。

 

さて、現在は今年提出の相続税申告書を作成しているのですが、ふと

「マイナンバーを記載する必要があるのか?」

と思い、再度確認してみました。

 

国税庁のWEBサイトには、

「相続税の申告書については、平成28年1月1日以後の相続又は遺贈により取得した財産に係る申告から

個人番号の記載が必要となります(平成27年12月31日以前の相続又は遺贈により取得した財産に係る

申告書には個人番号の記載は不要です。)。」

とあります。

 

現在作成している申告書は平成27年相続開始分なので、

これにはマイナンバーの記載は不要ということになります。

 

【国税庁WEBサイト】
http://www.nta.go.jp/mynumberinfo/jizenjyoho/

 

 

Follow me!

相続税申告書へのマイナンバー記載は、平成28年1月1日以後の相続・遺贈による財産取得分から” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。