武藤嘉紀、ありがとう FC東京3-2清水

IMG_2831

 

 

やっぱり寂しいですね。

 

夏の移籍市場で、武藤がFSVマインツ05へ移籍することになり、

この清水戦は移籍前のラストゲームでした。

 

天候が心配されましたが、試合前には雨もすっかり上がり、

武藤がJで躍動する姿を目に焼き付けるためか、4万人を超える大観衆が味の素スタジアムを訪れました。

 

 

試合は終始東京ペースで進みます。

先制点は、梶山から東へわたったスルーパスから。東はリーグ戦初ゴールなんですね。

動きは良いだけに、もっと点を取っているイメージでした。

 

 

そして、前田遼一も2得点。

前田の1点目は、武藤が4人のDFを引きつけておいて、フリーの前田にパスを出したもの。

その武藤からのボールを、前田は冷静に決めてくれました。

 

この得点の直前には、石川直宏がゲームシャツに着替えて交代を待っているところでしたから、

前田もギリギリのタイミングで結果を残せて、本当に良かったです。

そして、このタイミングでの石川との交代が見送られたことで、前田の2点目も生まれました。

 

その前田の2点目は、太田宏介のピンポイントFKからヘッドで豪快に。

ストライカー・前田遼一らしさが、1stステージ最終戦でやっと爆発したという印象です。

 

その後、清水に2点を取られてしまうなど、やや安定感には欠けましたが、

チームは武藤になんとか点を取らせようと奮闘します。

武藤もDFラインを突破しそうになる惜しい場面を作りますが、得点には至らず。

それでも、試合終了時には足が攣るほどの運動量で、十分に勝利に貢献してくれました。

IMG_2852

IMG_2861

 

試合後には、武藤からの挨拶がありました。

涙を流しながら、これまでの感謝の念とこれからの決意を語る青赤の14番を、

ドイツへ行っても、どこへ行っても、

FC東京のサポーターは応援し続けることでしょう。

 

 

希望を胸に

You’ll never walk alone.

 

 

Follow me!