伝家の宝刀・太田宏介の左足 清水 1-1 FC東京

こんにちは。

「FC東京 税理士」で検索するとトップに出てくる、税理士の星田です(誰も検索しませんが 笑)。

 

さて、久しぶりに日本平へ行ってきました。

FC東京がはじめてJ1で戦った年以来ですから、15年ぶりぐらいでしょうか。

ここは本当に観戦しやすい・迫力のあるスタジアムです。

 

image5

image2image1

 

天気が心配されましたが、なんとか雨に降られずにすみました。

 

清水は開幕以来低迷していますが、新たにFW鄭大世を補強しました。

フィジカルが極めて強く日本でも実績があるので、脅威です。

今日は、後半5分に、その鄭大世に先制点を決められてしまいます。

 

 

今日の清水は、球際に厳しい印象でした。

残留に向けて厳しい戦いが続くので、これは当然です。

前半は東京も何本かチャンスを作っていたのですが、後半になると、なかなか敵陣にボールを運べない時間が続きます。

 

そんな中、河野に代わって出場した中島翔哉が、前線でファウルを得ます。

ペナルティエリアの外、ゴールに向かってやや右。左利きの太田にとっては、絶好の位置です。

 

それは、スラリと業物を抜く居合の術のようだといえば良いのでしょうか。

左足一閃。まさに伝家の宝刀ともいえる太田宏介の左足は、東京にとっての宝でしょう。

値千金の同点ゴールを決めてくれました。

 

太田の左足からは、その前にもCKで惜しいシーンがありました。

得点源として依存しすぎるのも危険ですが、東京のストロングポイントであることは間違いがありません。

 

そして、今日は平山相太が約1年ぶりに実戦のピッチに立ちました。

これは本当におめでとう、お帰りなさいと言いたいですね!

怪我が多くてなかなか波に乗れないのですが、今度こそ爆発してほしいですね。

ただ、今日はまだゲームに乗り切れていないという印象でした。今後に期待です。

 

試合は、一進一退の様相のままドローで終了します。

東京にとっては、敵地で得た勝ち点1ということで、最低限の結果は得たというところでしょうか。

 

 

image3

次の試合は水曜日、ホーム味の素スタジアムでナビスコカップの鹿島戦。

中3日でキツい日程であり、しかも苦手の鹿島が相手ですが、ぜひ勝利をつかみとってほしいと思います。

 

 

Follow me!