ゆるねば=「ゆるゆるねばねば」ではありません

 

このブログは「ゆるねば日記」ですが、

私を知る人から

「ゆるねばとは、ゆるゆるねばねばの略ですか?絶対そうですよね~!ピッタリですよね!」

というご意見を頂戴しました。

 

違います。

 

何がどう私にピッタリなのか、わかりません。

FC東京サポーターの方々には常識かもしれませんが、誤解を払拭するために、今回はあえてご説明します。

 

ゆるねば=ユルネバ=「You’ll never walk alone」という楽曲のタイトルです。

ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン→縮めて「ユルネバ」です。

 

 

■もとはミュージカルの曲
1945年に、ブロードウェイ・ミュージカルである「回転木馬」のために制作された曲とのことです。

私もこの辺りは詳しくはないので、wikipediaを参照させていただきました…。
エルビス・プレスリーも歌っていたみたいですね。

 

 

■FC東京のサポーターソング
試合開始前には、審判団やスターティングメンバーの紹介があります。

それが終わると、サポーター達がクラブカラーのタオルマフラーを掲げて、この曲を歌います。

 

一体感を感じることができる時間ですね。

 

FC東京の前身である、東京ガス・フットボールクラブ時代から歌われていたようです。
(私はプロ化元年である1999年からのサポーターですので、瓦斯時代は知らないのですが…)

 

 

■世界中で多くのサポーターに愛されています
イングランド・リヴァプールFCのサポーターによって歌われていることは、有名ですね。

その他、スコットランドのセルティックFCや、バイエルン・ミュンヘンなどのドイツのクラブでも…

本田△が10番を背負う、ACミランのサポーターも歌うとか?

 

 

■どんな曲?
歌詞を掲載することはできませんが…

 

嵐の中を進むときは、顔を上げて前を向こう…

歩き続けよう、夢破れても、希望を胸に…

君は独りじゃない、君は独りじゃないんだ

 

といった感じの曲です。

 

この曲を口ずさむとき、不思議と勇気づけられます。

困難があっても、風の中も雨の中でも、前に進んでいこう…そのような気持ちになります。

 

 

■ブログタイトルにした理由
「中小企業の経営者は孤独である」と、よく言われますよね。

 

私が再生支援協議会で仕事をしていたとき、訪れた経営者の方が

「今まで誰にも相談できなかったが、ここに来て相談できてよかった」

と涙をこぼされたこともありました。

 

私がこれから専門家として仕事をしていく中で、お客様からは何でも話してもいただけるような、身近なアドバイザーでありたい。

そのような思いで、ブログのタイトルにしたのです。

 

ですので、「ゆるねば=ゆるゆるねばねば」ではありませんよ!

 

何がどう私にピッタリなのか、説明してもらいます。

 

 

Follow me!