はじめての”ピアノ演奏専用シューズ”「リトルピアニスト(Little Pianist)」

ピアノ演奏のためにつくられたシューズというものは、今までにありませんでした。
そこで、「演奏は足元から進化する」をコンセプトに開発されたのが、このピアノ演奏専用シューズです。

 

開発者の方は、1人の母親です。
娘さんがピアノ演奏中に、既存のシューズではペダリングが上手にできないことに気がつき、
ピアノ演奏用シューズを探したのですが、世の中にはそのような製品がなかった・・・。

そこで自ら開発に取り組むという選択をしたところが、この開発者の方の突出したところです。
これこそまさに、起業家精神でしょうか。

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」の「トレンドたまご」でも取り上げられ、さらにはグッドデザイン賞も取得するなど、いまとても勢いがあるブランドです。ピアノ演奏者の方々からの評価もとても高く、これからも販売数量が伸びていくことが期待されます。

 

(以下 公式サイトより抜粋)
「リトルピアニスト独自で特許547498号を取得し、全てオリジナルで作られた、リトルピアニスト特製の『ピアノの演奏専門のシューズ』です。

ヒールの高さにおいては、日本全国にある予選会場のピアノブランドとペダルの高さを調べ、ヒールを安定させるために踏み切っても少し爪先が上がる程度のヒールの高さに設計してあります。

ヒール形状においては、いろいろな高さや湾曲のヒール模型を作り、その試作品をピアノ関係者やリトルピアニストに試して頂き、最もペダルが踏みやすく、そして上げやすい形にしました。

薄型に設計する事でペダルの感触がしっかり足に伝わり、材質を程良くやわらかくする事で、ペダルをグッとつかみ、さらに滑りにくくなりました。それにより、繊細なペダリングが可能となり、豊かな演奏表現力が得られます。

さらに、ヒールの材料の配分を考慮し弾性を計算しているので、ステージで歩行時のカツカツという音が響きまません。聴衆や審査員の先生に好印象を与え、演奏前から洗練された演出ができます。
最もペダリングに適し、ステージで誰よりも美しく演奏できるように考えられたピアノシューズです。」

 

コンサート用・本番用・練習用の3種類を取り揃えています。
特に、ヒールが高いコンサート用は、演奏者の方々からの熱い要望を取り入れて開発された製品です。

ご興味がある方はぜひ、公式サイトを覗いてみてください!

※ちなみに、リトルピアニストさんは茨城県と東京都のよろず支援拠点で微力ながらサポートさせていただいております(ちょっと宣伝です)。

【リトルピアニスト 公式(Little Pianist)】(別サイトが開きます)

https://littlepianist.jp/

 

Follow me!