ここ一番で勝てない東京 FC東京3-4浦和

残念な結果でした。

 

 

 

最後は盛り上がりましたね。でも、負けは負けです。

結果が求められる試合で、ミスから失点を重ねてはいけません。

 

前半は、浦和のワイドに展開した流動的なオフェンスに歯が立ちませんでした。

浦和は、攻撃時には前線が5枚に開いて展開し、押し込んできます。

これに幾度となく東京のサイドが破られました。左も右も、完敗だったといえるでしょう。

東のニアサイドを抜く難しいゴールで1点を返すも、前半のうちに3失点。

サイドをあれだけ破られては、センターバックも苦しいですね。

重苦しい雰囲気がスタジアムを包みます。

 

後半に入ると、東京のディフェンスラインは5バックになり、

前半に浦和が再三使ってきたディフェンシブサードのサイドに空くスペースを埋めます。

これによって、東京の守備に安定感が出てきました。

それでも、後半17分に追加点を取られたのはいただけませんが。

 

東京は、高橋秀人が2点を決めて追いすがります。

1点目は、太田宏介からのクロスを見事なヘッドで決めたもの。

2点目は、ゴール前の混戦から泥臭く押し込みます。

 

それでも、あと1点、いや2点が遠かったですね。

中島翔哉は、輝いていたのではないでしょうか。

中盤でアクセントになっていましたし、終了間際にはあわやPKというきわどいプレーもありました。

 

今日の試合では、審判のジャッジについてもネガティブな話題になっているようですが、

それよりもなによりも、まず力負けだったというゲームでした。

浦和の選手は、ひとつひとつのプレーがよく練られていて、ミスが少なかったですね。

 

今シーズンもリーグ戦はあと2試合。

どのような試合を見せてくれるのか。ここから脱皮することができるのか。

注目したいと思います。

 

image3

Follow me!