おすすめです「日本の納税者」(岩波新書)

「主権者であれば、国の財政にも責任を持たねばならないはずだが、本書で指摘してきたように、私たちは税金のことを知らないですむ仕組み(源泉徴収や年末調整など)に組み込まれ、あまりにも安易に税金や社会保険のことを考えてきた。これは、官僚や政治家の責任であるが、同時に私たち主権者としての国民の責任であろう。」(本書208頁より抜粋)

税務に関わる人もそうでない人も、いやむしろ税務に関わらない人にこそ、おすすめの書籍です。

三木義一「日本の納税者」(岩波新書) Amazonはこちら

 

 

 

Follow me!