【J1開幕戦】やや不可解だったスターティングメンバー 東京0-1大宮 

今日は寒かったですね~。

ナイトゲームだったのは、TV中継の都合上でしょうか。ビールは売れなかっただろうなあ。

 

さて、今日は待ちに待ったJリーグの開幕戦でした。

DSC_0031_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我らがFC東京は、今季J1に返り咲いた大宮。

塩田選手とも久しぶりの再会です!

DSC_0060_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ですが、試合は0-1で敗戦。残念です。

ちょっと既視感がある試合でしたね~。

 

最近のFC東京は2月だというのに怪我が多くて、

レギュラークラスでは駒野選手とハ・デソン選手(いずれも新加入)が離脱しています。

東京の基本フォーメーションは442でして、駒野選手は左SB、ハ・デソン選手は中盤の底ですね。

 

 

そこで、今日のスタメンはどのようなメンバーが名を連ねるのかが注目されていたわけです。

 

で、結果としては

左SB→本職は右SBである徳永選手がコンバート

徳永選手がコンバートされて空いた右SB→本来は中盤である橋本選手がコンバート

中盤の底→梶山選手

といった形になりました。

 

あくまでも結果論ですが、今日はこの配置が機能しなかった気がします。

特に右SBの橋本選手は、慣れない?守備に追われて彼の良さがまったく出なかった印象です。

 

 

また、今日は梶山選手も活きていなかったのではないでしょうか。

コンダクターとしての役割を期待されていたのでしょうが、

どうも上手くゲームに入っていない様子でした。SBとの連携も良くなかったのでしょうか。

髙橋秀人選手を見てみたかった気もします。

 

 

全体的に、横へ横へ流れるパスが多く、効果的な縦へのパスが少なかったですね。

やや窮屈なサッカーでした。

そして、攻守の切り替えが遅い。

 

さらには、昨年は太田宏介選手のおかげで爆発的な得点力を誇ったセットプレーについても、

今年は精度・迫力不足なのかもしれません。

 

ただ、流れの中で崩して得点を奪うという可能性は、少し感じることはできましたね。

 

 

今日の試合は残念な結果でした。

が、リーグ戦はまだ1試合。さらに、すぐにACLホーム初戦がやってきます。

むしろ課題が出たことを喜ばしく思って、これを克服する努力をチームには期待したいと思います。

 

DSC_0063_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!